イケない女性 あなたの魅力を引き出すメソッド

こんにちは。セクシャルカウンセラーのひかるです。個人カウンセリングや、少数での講座を行っています。私自身、SEXに自信がなく、イクこともできませんでした。あなたの中にあるセクシャルな部分に触れ、解放させてきましょう。愛されキャラ、愛おしい存在になれます。

3月3日は命の大切さを教えてくれた日

今日は、いつものブログとは違い

プライベートのことを綴りたいと思います。

 

 

わたしにとって3月3日は

人生において特別な日になりました。

 

なぜかというと…

 

目の前で、電車にはねられて亡くなった方がいらっしゃったから。

 

いつも使う駅に着き、ふとホームを見ると

一人の大きめの男性が線路を歩いていました。

 

フラフラと。

 

駅員さんも必死で呼びかけてるのに応じず。

 

周りの電車待ちの人はただぼーっと

そのやり取りを見てました。

 

わたしは、居ても立っても居られず

 

そのフラフラと歩く大きめ男性に

 

ちょっと!もうすぐで電車来ちゃうよ!

早くホームに上がりなよ!!

 

と声を何度もかけました。

 

何度も何度も

 

それでもフラフラと歩みは止まらず。

 

駅員さんも携帯で、次に特急列車が止まるように電話していました。

 

わたしが同じようにホームの上を歩きながら

 

ちょっと、危ないよ!

上がりな!

手を貸すから!!

 

と声をかけたら…

 

わたしの方を見てくれ

 

線路から見ると

150cm?くらい高いホームに

 

彼は手をついて

よじ登ろうとしました。

 

すぐに手を取り

引き上げようとしました。

 

ただ、彼は焦ってよじ登ろうとはせず。

ゆったりと…

 

小柄なわたしでは、大きめの男性は

引き上げれなかったので

周りにいた方に

 

助けてください!

手を貸してください!

誰か!!

 

必死で叫びました。

 

誰も手を差し伸べてくれる人はいませんでした。

 

 

ふと、遠くの方から、

電車が目に入りました。

 

どうしよう

このまま、わたし引きずられちゃうのかな。

やだ

死にたくない

 

そう思ったら、

男性の手を

必死で掴んでいるわたしの力が

少し抜けたように感じました。

 

その瞬間

 

特急列車は男性をそのまま連れて行きました。

 

 

カタカタ震え、過呼吸になりました。

 

さっきまで手を掴んでいたのに

 

列車の走り抜ける風圧でわたしは

少し飛ばされました。

 

怖くなりました。

 

わたしは彼の手を離したのか

列車が連れて行ったのか

 

殺してしまったんじゃないのか

 

どうしよう

 

 

列車は2.30m先で停車しました。

 

列車の方向を見ることはできず

 

足腰に力が入らなかったので、

這いつくばって、その場から一旦逃げました。

 

ベンチに座って一部始終を見ていたおじさんが

 

自業自得だ!

死んでよかったんだ。

 

と吐き捨てる声が聞こえました。

 

フラつきながら改札口まで向かっていると

 

向かいのホームで見ていた男性が

 

大丈夫ですか?

見てました。

一瞬の出来事で、、、

そちら側に間に合わなくて

警察来るまで一緒にいますから

 

 

カタカタ震え、息もできず

泣いているわたしの肩をしっかり抱いていてくれました。

 

わたし、殺したかも

 

と小さい声で言うわたしに

 

あなたは悪くない

悪くないですから

 

 

と何度も声をかけてくれました。

 

事故から4時間ほど、

警察や、駅員やら、消防やら

何回も何回も、その場の状況を説明しました。

 

お一人の消防士さんが

 

よく助けようとしてくれましたね。

小柄なのに…勇気ある行動です。

ありがとうございます。

きっと彼もあなたの必死さに優しさに

触れられて幸せだったと思います。

 

 

そう言ってくれました。

 

家に帰り、ずっと母に

 

わたしが殺した

手を離そうか迷った

人として最低だ

でも引きずられたらって思うと怖くて

自分が一番かわいいんだって思ったら

醜くて…

でも、誰も助けてくれなかった

助けてーって叫んだのに

駅員でさえも

 

母は、

自分を責めないで

そんなことない、そんなことない

と言い続けてくれました。

 

時間が経つにつれ

自分がどれだけ無我夢中だったか気づきました。

たぶん、周りから見たら

 

間に合わない

 

と思ってたのかもしれません。

ただ、傍観者にならず

最後の最後まで声をかけ続け

手を掴んだこと後悔してません。

 

消防士さんから言われた

 

きっと彼もあなたの必死さに優しさに
触れられて幸せだったと思います。

 

の言葉がわたしを救ってくれました。

 

翌日、事件の起きた駅へ行き

献花させてもらいました。

 

感謝の気持ちと、ご冥福をお祈りしました。

 

警察の方から、後から伺いましたが、

職場には、休むと言っていたそうです。

きっと自らこの駅で…と思ったのでしょう

 

と。

 

あなたのおかげで、命の大切さを知りました。

あなたのおかげで、人の醜さを知りました。

あなたのおかげで、わたしは心熱く居続ける決意ができました。

 

どうか、向こうでは笑顔溢れる日々が過ごせれてますように。